Kuwatec DoctorMX

コンソールKuwatec(クワテック)

プロジェクションマッピング&映像機器Kuwatec

Kuwatec(クワテック)USB / DMX Interface Box

DMX512信号のチェック、機材のテスト、リハーサル作業などをサポートする強力なツールです。
専用のUSBインタフェイスBOXによって、コンピュータがローコストかつ多機能な DMX512チェッカ/テスタになります。
インタフェイスBOXは入力および出力を1ポートずつ備えており、全512chをサポートします。USBからの電源供給ですので、パワーサプライなどを用意する必要はありません(USBケーブル別売)。

  • DoctorMXインタフェイスBOXがリニューアルしました。(従来のソフトウェアと互換性があります)

  • 筐体がアルミケース仕様になりました。パネル色は「黒」もしくは「青」からお選び下さい(機能差はありません)。

  • DMX信号ラインがアイソレート(絶縁)仕様になりました。

  • 配布プログラムによるファームウェア更新に対応しました。

  • Windows8では、デバイスドライバの自動インストールに対応しました。

  • モニタ外部調光卓からのDMX信号を受け、そのレベルを棒グラフで表示します。またDoctorMX本体から出力されるレベルもモニタリングできます。1つのモニタで512chものDMX信号の推移を確認できます。

  • コンソール2段プリセットの調光卓が表示され、マウスやキーボードからレベル設定が可能。クロスは手動で、またはタイム実行もできます。各シーンに名称、フェードタイムを設定でき、それらをファイルとして保存できます。また外部調光卓からのレベルをバイパス、ミックス、遮断することができます。

  • パッチ1:1、または1:他のパッチが設定できます。出力をゼロにすればオフパッチされます。パッチケーブル表示にすることで分かりやすく整理できます。また設定したパッチをファイルとして保存できます。ソフトパッチ機能のない調光卓と組み合わせて使用できます。

  • レコーダ「コンソール」ウインドウで作成したシーンを、オンタイムで記憶・再生します。エンドレスの繰り返し再生も可能です。また「タイムコード入力」を設定すれば、外部信号(SMPTE)を受けて自動再生することも可能です。記憶したデータをファイルとして保存できます。

  • そのほかにもアッテネータ、レギュレータ、監視、テスト、機種別コントローラ、キューシート、チェイサ、カラースクローラ用色設定など、基本性能の充実だけでも列挙に暇がありません。

  • またArt-Net、MIDI入出力およびMIDIコントローラ、QuartzComposerプラグインパッチなど、外部機器や映像出力機器などとの連動も視野に入れた、技術革新が進んでいます。

  • Mac、Windowsどちらのプラットフォームにも対応します。

  • 対応OS:MacOS X(10.5~10.8)。

  • 対応OS:Windows8(64/32bit)、Windows7(64/32bit)、WindowsVista(32bit)、WindowsXP(SP2以降、32bit)。

サイズ:95×40×52mm

重量:140g