MADRIX RADAR

DMXサポートアイテムイーサネット周辺機器

プロジェクションマッピング&映像機器MADRIX

LEDヴィジョン&制御機器MADRIX

MADRIX RADERは、RDM(リモートデバイスマネージメント)を使ったアプリケーションで、フィクスチャーのDMXアドレスやDMXモードなどを設定変更できるスタンダードなRDM機能だけでなく、フィクスチャーの状態をモニタリングしたり記録したりできるものです。
  • ネットワーク上にMADRIX STELLAがあれば、無償で動作可能。
    *STELLAの設定は、ブラウザから「IPアドレス」を入力し、セットアップ画面でRDM ENABLEをONにして下さい。
  • STELLA以外のサードパーティ製ノードを使用する場合には、RADAR fusionライセンスを購入いただくことで同様に使用できます。
    Small、Medium、Largeというように、プロジェクトの規模感によって3グレードあります。
    3グレードは、RADAR上で認識可能な(STELLAではない)RDMデバイス機器の最大数量がSmall:32、Medium:256、Large:2048と制限があります。
  • RADARは、これまでのRDMコントローラと同じく、DMXアドレスやアイデンティファイ発光やDMXモード変更が可能ですので、灯体を設置したあとで設定を変更することができます。
  • また、365日いつでもRDMデバイスをモニタリングできます。
    RDMデバイスから送られてくる温度や電源、ライフタイム情報を決められた時間にレポートメール送信したりできます。
  • 使用状況の情報を逐次記録していく(BIG DATA)、ということも可能です。
    また、BIG DATAを管理できる「BIG DATA用年間ライセンス」もございます。

リンク