Pangolin QuickShow

レーザー&ILDAILDAソフトウェア

ソフトウェアとILDAインタフェイスがバンドルされた、パワフルかつコストパフォーマンスに優れたパッケージ。

【レーザー演出製品使用時の注意】
レーザー光線は、誤った取扱いをすると人体に深刻な影響を与える場合があります。
人体(特に目)に向けて照射したり、一点に集中照射するような演出は絶対にしないで下さい。
設置場所、演出内容に関しても上記の点に留意し、適切な取扱いをお願いします。

  • USB2.0対応ILDAインターフェィス「FB3」付属(ニュータイプ)。

  • 約2000種類ものレーザーパターンを記憶
    アニメーションやスタティク、ビームポジションのキューを約2000種記憶。

  • USBドングル不要
    従来のILDAソフトウェアにあった、USBドングルを排除。

  • ライブコントロールが可能
    リアルタイムでキューのサイズ、位置、回転角度、回転速度、色、スキャン速度、キュー速度など制御が可能。

  • QuickTools機能を搭載。
    QuickText、QuickShape、QuickTrace、QuickTargets、QuickTimeline、QuickDMX、そしてQuickFXを搭載。
    たった1つのパターンでも無限大に変化させることが可能。

  • レーザーパターンの合成が可能
    複数のキューの合成やロゴキューとの合成可能です。

  • MP3や音楽データと完全同期が可能な「タイムライン」を搭載
    レーザーショーに欠かせない、音楽データとの同期ができます。

  • BPM表示・タップテンポを搭載
    BPM(テンポ)表示とタップテンポ機能を搭載し、リアルタイムで音楽のビートに同期が可能。

  • 裏作業モードを搭載
    レーザーを投射しつつ、次のレーザーキューの変更が可能です。

  • 自動トレース・ビットマップ機能を搭載
    GIF、jpg、BMPファイルをインポートしキューのデータにコンバート。

  • レーザープロジェクターの投射補正やゾーニングなど可能
    1つのプロジェクターから複数スクリーンを設定ができます。

  • タッチスクリーンデバイス対応。

  • 最大6系統までのILDAプロジェクターを制御が可能
    ILDAインターフェィス「FB3」を最大6ユニットまで接続可能。