Kuwatec DIAheart

Kuwatec(クワテック)DMX / Art-Net Multi Universe Player

ショーコントローラハードウェア

DMX信号を最大400ユニバース=204,800チャンネルを同時に記録・再生可能。
4.3インチ大型液晶タッチパネルを搭載し、基本的な記録操作、および再生データの選択が本体だけでもできます。
記録データは内蔵の大容量フラッシュメモリに保存、インターナルクロックを内蔵し、カレンダーイベントに対応します。

  • 世界初!DMX204,800chプレイヤー!最大でDMX204,800chを同時に記録&再生が可能です。

  • LEDパネルへのDMX画像出力もDIAheart単体で記録/再生可能です。

  • 音声出力にも対応、音楽と照明のマルチプレイヤーとしてお使いいただけます。

  • 記録データは、安定した内部フラッシュメモリ(64GB)に保存されます。データの合計記録時間の目安は、100ユニバースで7時間以上、と充分なレコーダスペックです。

  • DIAheartからのArtNet出力をDMXへコンバートして出力するには「EtherMX」がオススメです。EtherMXがあれば、外部DMXコンソールやArtNetコンソールからでも、再生データをトリガすることができます。

  • 4.3インチ液晶タッチパネルを搭載。本体操作だけでも基本的な記録、再生データの選択が可能。タッチパネルには現時点で最大16個のボタンを配置できます。

  • レコーダーモードと再生専用モードの2種類の動作モードがあります。

    • レコーダーモード:本体だけでDMXデータを記録し、シーンとして実行・再生できます(外部トリガでも実行できます)。
    • 再生専用モード:記録されたデータを、タッチパネル上のボタンを押下することで再生します。
  • 設定用アプリケーション「DIAheart Set」は日本語環境に対応し、シンプルな操作性が特徴です。

  • インターナルクロックを内蔵し、カレンダー設定に応じた「予定表機能」があります。時/分/秒はもちろん、曜日や年/月/日といった細かな設定でそのイベントだけの特定データを自動再生します。(内部クロックはバッテリーバックアップされているので電池交換不要です)

  • 制御盤内に取り付ける際に一般的なDINレール規格にも対応。着脱が容易となり、施工・メンテナンス性が高く、設備案件にも最適です。

  • 瞬断など電源障害にも「電源断遅延機能」で対応します。

  • USB2.0準拠TYPE-Aを使用して、オーディオやMIDIなど入出力機能の拡張も可能。もちろんDMX入力には、DoctorMXインタフェイスでも対応します。

  • パソコンを接続しなくても、USBメモリによるファームウェアの更新、記録データの変更・差替えもカンタンです。

サイズ:155×44×140mm

重量:600g