DATAPATH x4 (ボックスタイプ) / x4-1U (ラックマウントタイプ)

プロジェクションマッピング&映像機器DATAPATH

4Kx2Kディスプレイ構築や自由なレイアウトを実現。
最大4系統のビデオウォールシステム。
ハーフラックサイズの「DATAPATH X4」と、1Uラックマウントサイズの「DATAPATH X4-1U」の2種類あり。

「DATAPATH X4 / X4-1U」は、1つの固定されたグラフィック出力イメージを4台のマルチディスプレイに拡大表示できる、小型・外付けタイプのディスプレイウォールコントローラ/スケーラです。
Single-Link DVIやDual-Link DVI-Dのグラフィックボードからの出力を取込み、任意解像度での切出しや拡大、回転、オーバラップなどの様々な表示設定を加え、4系統の独立したDVI-I/RGB映像信号を出力し、それらを外部モニタやプロジェクターに表示することができます。
出力設定は4台のディスプレイ毎に独立して行うことができるため、理想的なマルチスクリーン環境を簡単に構築することができます。
デジタルサイネージ、シアタープレゼンテーション、ビデオウォールや広い空間におけるクリエイティブなマルチディスプレイ構築の際に大きな助けとなります。

  • 高解像度Dual-Link
    DVIビデオ入力のサポート高解像度の条件では、DVI信号は通常5mのケーブル長を越える場合、DVIケーブルとコネクタ固有の損失は補償されません。
    DATAPATH X4 / X4-1Uは、最高のDual-Link解像度(330Mhzピクセルクロック)においても最大20mまでのケーブルの損失を補償するアクティブ・イコライゼーション・ハードウェアを付加し、この問題を解決しました。
    解像度が低い場合は、さらに長いケーブルを使用することができます。

  • 簡単な設定
    DATAPATH X4 / X4-1UはUSBを経由してPCに接続し、専用ユーティリティ・ソフトウェアで、入力(DVIイメージキャプチャー)と出力のカスタム設定の編集を簡単に行うことができます。
    設定後は内部メモリに保存され、スタンドアローンで動作し、入力解像度の自動検出を行い、安定した状態で切出しや拡大を行います。

  • Genlock
    入力の場合はソースDVIに対し、出力の場合は接続するモニタに対してフレームレートをそれぞれ自動的にセンシングします(特にgenlock端子を設けてPC側とgenlock信号のやり取りはしておりません)。
    4台の出力モニタはこのセンシングにより自動的にDATAPATH X4 / X4-1Uからgenlockされます。

サイズ:235 x 175 x 44mm (x4) ・ 438 x 172 x 40mm (x4-1U)