DATAPATH dL8

プロジェクションマッピング&映像機器DATAPATH

Datapath dL8は、超高解像度Dual-Link DVI ビデオ信号を8系統同時出力できる分配・増幅器です。
大きな空間で、自由なディスプレイ・アレンジメントが求められるビデオウォールに対応する分配・増幅器であり、スタンドアローンのウォールコントローラであるDatapath x4を8台接続して使用した場合、最大32スクリーンの大規模、高解像度、フレキシブルなディスプレイウォールを構築することができます。

  • 最大330MHzピクセルクロックでQuad-HD (3480 x 2160)と同等の1系統のDual-Link DVIグラフィック出力を入力し、独立した8個のコネクタを経由して分配出力できます。
    dL8は接続されるディスプレイのEDIDやDVI入出力信号の調整をプログラマブルに設定できます。

  • dl8はアクティブ・イコライゼーションとre-clockingハードウェアを内蔵しているため、フル解像度Dual-Link 信号の最大20m長の伝送を可能にし、メディアサーバとビデオウォールの設置場所の制限を取り除き、ウォールの柔軟な設置を行うことができます。

  • フレキシビリティ&クリエイティビティ
    dL8は単なる分配器にとどまらず、x4 スタンドアローン・ウォールコントローラと共に接続・運用することにより、柔軟でクリエイティブなディスプレイウォールを構築することができます。
    dL8のDual-Link DVI 8系統の出力それぞれに8台のDatapath x4 を接続することにより、デジタルサイネージやビデオウォールのこれまでにないクリエイティブな表示ソリューションを構築できます。
    接続されるそれぞれのx4 ユニットはdL8から出力される1系統のDual-Link DVI を入力し、その中から任意のエリアを切出し、同時に拡大、回転、画像間のオーバーラップやフレームレートの変換を加え、標準のDVI (Single link)/ HDMI信号を4台のモニタ/スクリーンに表示出力できます(x4 は4台それぞれの出力毎に、エリア切出し等の設定を個別に行うことができます)。

サイズ:438mm x 172mm x 40mm