月刊ゴング バックナンバー

ブランド紹介

新製品情報や展示会・セミナーイベント情報等をお知らせする、月イチ情報誌「月刊ゴング」です。2011年11月から、ご購入頂いた商品と同梱にしたり、郵送するなどして、お客様にお届けしておりました。
この「月刊ゴング バックナンバー」では、過去に作成した月刊ゴングをまとめました。
『このまえ月刊ゴングに載ってた商品をもう一度見てみよう!』
『先月号の月刊ゴングを無くしてしまった・・・』
『次のイベントの会場はどこだっけ?』
など、見逃してしまった商品や情報も、改めてご覧頂けます。

各バックナンバーの情報は掲載時点のもので、仕様や価格等が最新とは異なる可能性があります。
販売終了製品でも、後継機種のご案内ができる場合がありますので、お気軽にお問い合わせください。
gong01@gonginternational.jp

第95号(2019年9月)

3代目DoctorMXが発売開始です。 USB TYPE-Cに変更され、シックなブラックボディです!お値段そのまま。まずは1台いかがでしょうか?

第94号(2019年8月)

ついにEtherMXとEx8がsACNに対応!ネットワークスイッチ「SwitchMaster」や「DIAheart」などでsACNネットワークも簡単に構築できます。

第93号(2019年7月)

いま注目されつつある、A/Bクロスフェーダー搭載コンソール「Piccolo2」。サブマスターフェーダー数の違いによる、S24とS48の2サイズからお選びいただけます。

第92号(2019年6月)

RS-300は多機能なGOBOプロジェクタです。防滴仕様、ロゴやサインを美しく照射し、ローテイト/ズーム/カラー/モーションエフェクトまで搭載したLED300Wの高出力が特徴です。

第91号(2019年5月)

今号ではETC社のカラーソースシリーズを特集しました。スポット、PAR、リニア、サイク、コンソールといった、LEDフィクスチャを総合的に演出する製品です。

第90号(2019年4月)

MADRIXハードウェアの最新版「ORION」は、様々な入力信号をArtNet/sACNに変換する多機能デバイスです。

第89号(2019年3月)

最新アイテム「GONG Tool Masterシリーズ」3種を紹介しています。 Tool Masterシリーズは、今後も続々追加予定ですので、ご期待ください!

第88号(2019年2月)

2019年4月に、ドイツフランクフルトで開催される「Prolight+sound」に出展します!

第87号(2019年1月)

バリエーション豊かなLED製品の中でも、特におすすめのムービングライト、ウォッシュライト、LED-PARを紹介しています。

第86号(2018年12月)

カムロックケーブル、DMXケーブル、電源ケーブル、マルチケーブル、パワコンケーブル、イーサコンケーブル、ネットワークケーブル、ILDAケーブルなど、ケーブルのご用命はGONGにお任せください!

第85号(2018年11月)

DMX/Art-Netノード「Ex8」のパワコンTRUE1仕様が発売開始です。

第84号(2018年10月)

ArKaos MediaMasterの最新バージョン5.3リリース! ソフトウェアとメディアサーバのラインアップを紹介しています。

第83号(2018年9月)

ゴング・インターナショナル創業25”執念”セールを取り上げました。

第82号(2018年8月)

今号ではDerksen社のローテイト機能を搭載した最新GOBOプロジェクタ「PHOS rotator」の紹介と、展示会「サイン&ディスプレイショウ2018」出展告知です。

第81号(2018年7月)

アップデートした最新の「MADRIX 5」の機能解説と、MADRIXソフトウェアの全6種のグレードを紹介しています。

第80号(2018年6月)

2日間で全8回のセミナーイベント「OakValley2018」と、機材展イベントのお知らせです。

第79号(2018年5月)

日本語対応の専用設定ソフトウェアでマネージ設定が簡単なネットワークスイッチの最新版「SwitchMaster」と、セミナーイベント「OakValley2018」を紹介しています。

第78号(2018年4月)

コンパクトでリーズナブルなタッチパネル操作のコンソール、Zero88社「FLX-S」を紹介しています。

第77号(2018年3月)

Derksen社「PHOSシリーズ」から、コンパクトな「PHOS 15」、ポールに取り付け可能な「PHOS pole mount」、天井埋込型の「PHOS downlight」を紹介しています。

第76号(2018年2月)

DIAheartの2Uラックマウントサイズバージョン「DIAheart Rack Mount」の紹介です。電源スイッチやUSBポートx3個を搭載しラックマウントできる常設向け製品です。

第75号(2018年1月)

ガジェット好きにはたまらない!スマートフォンやタブレット端末でDMXコントロールできる「DMXcat」を取り上げました。

第74号(2017年12月)

LEDウォッシュライト「LPAR-7」と、ムービングウォッシュ「GLW-7」を紹介しています。

第73号(2017年11月)

エフェクトパターンジェネレータ「MADRIX」の使い方を分かりやすく図解しています。

第72号(2017年10月)

今号では「ルミシアキャスターライトCCT」を紹介しています。

第71号(2017年9月)

軽量・コンパクトでリーズナブルなLED製品を複数紹介しています。

第70号(2017年8月)

LED光源GOBOプロジェクタの「LOGO PROJECTOR60」と「LGP30」を紹介しています。

第69号(2017年7月)

ウォーターウェーブマシンに焦点を当て、100Wモデルと25Wモデルの2種を紹介しています。

第68号(2017年6月)

GBSセミナーイベントや、MTC、機材展などの展示会情報を紹介しています。

第67号(2017年5月)

「EtherMX」「Ex8」がArtNet4に対応しました。今号ではArt-Netの歴史と特徴を紹介し、イベント情報を掲載しています。

第66号(2017年4月)

ネットワークスイッチ「GBSシリーズ」の特徴を解説しています。

第65号(2017年3月)

ArKaos MediaMasterが大幅アップデートし、バージョン5になりました。新機能満載です!

第64号(2017年2月)

「EtherMX」の機能を8ポートに拡張し、ラックマウント可能な1Uサイズの「Ex8」を紹介しています。

第63号(2017年1月)

取扱い開始した新製品「GBSシリーズ」、ネットワークシステムの構築に最適な4種を紹介しています。

第61号(2016年11月)

ArtNet/DMXノード「EtherMX」の便利な機能を解説しています。

第59号(2016年9月)

MADRIX&DIAheartセミナーの開催告知とDerksen社のGOBOプロジェクタ「PHOSシリーズ」を紹介しています。

第56号(2016年6月)

LEDテープライト、チューブ、パネルの「GCシリーズ」を紹介しています。

第55号(2016年5月)

GONGオリジナルPARライト「Neoシリーズ」を紹介しています。

第53号(2016年3月)

ソースフォー用LED光源「BICLED-R」の紹介です。

第52号(2016年2月)

Rosco社のスモークマシン「ベイパープラス」、ヘイズマシン「V-ヘイザー」を紹介しています。

第51号(2016年1月)

LEDウォーターウェーブマシン/LED GOBOプロジェクタの紹介と、JATET劇場演出空間技術展2016の出展告知です。

第50号(2015年12月)

メッシュLEDシリーズの「GVT LEDヴィジョン」の紹介と、JATET劇場演出空間技術展2016の出展告知です。

第49号(2015年11月)

ETC社のコストパフォーマンスに優れたLED製品「ColorSourceシリーズ」を紹介しています。

第48号(2015年10月)

エフェクトパターンジェネレータ「MADRIX」のバージョン3.4の紹介と、ソフトウェア/ハードウェアの選び方を解説しています。

第47号(2015年9月)

今号ではステージレーザーの「APシリーズ」を紹介しています。

第46号(2015年8月)

ギガビット対応のネットワークスイッチ「NA Digiswitch」を取り上げました。

第45号(2015年7月)

ベストセラーのDMX/ArtNetマルチユニバースレコーダー/プレイヤー「DIAheart」の機能を紹介しています。

第42号(2015年4月)

googoboHRの特徴とバリエーションを分かりやすく図解で紹介しています。

第40号②(2015年2月)

主だったハロゲンランプやタングステンランプの一部をリスト化しました。

第40号①(2015年2月)

ポリカラー、ウルトラカラー、LEE、RoscoなどGONGが取り扱うフィルタの一覧リストです。

第38号(2014年12月)

GonGripの新製品「GONG Angler」「バックライトベース」「338BJスタンド」の3種を紹介しています。

第37号(2014年11月)

googoboの新たなシリーズとして「googoboオーダーメイドガラスHR」の紹介です。 googoboHR(=HighResolution)はグラデーションやカラー、写真デザインも5000dpiの高解像度でGOBOとして再現します。

第36号(2014年10月)

LEDフィクスチャとの相性抜群なエフェクトジェネレータ「MADRIX」を紹介しています。

第35号(2014年9月)

ArKaosの最新バージョン4.1の機能を解説しています。

第34号(2014年8月)

スタジオ撮影照明に最適な小型LEDスポット「CubeLight Ra95」を紹介しています。

第33号(2014年7月)

LEDムービングマトリクスやLEDズームPARなど、多彩なLEDフィクスチャを紹介しています。

第30号(2014年4月)

Webブラウザから遠隔操作可能な「SoServer」について解説しています。

第29号(2014年3月)

LEDマッピング機能を搭載した「Kuwatec SynVisum」を紹介しています。

第28号(2014年2月)

OakValley2014 Winterの開催告知と、発売開始した「EtherMX」を紹介しています。

第27号(2014年1月)

ArKaosバージョン3.2のリリースレポートと、発売開始した「EtherMX」を紹介しています。

第26号(2013年12月)

機材塾イベントの開催告知と、発売開始した「EtherMX」を紹介しています。

第25号(2013年11月)

日本市場限定モデルとして開発されたロスコ社のスモークマシン「Rosco1200」を紹介しています。

第24号(2013年10月)

ベストセラーのArtNet/DMXノード「EtherMX」を紹介しています。 画像は“プロトタイプ”です。

第23号(2013年9月)

今号ではお奨めフォローピンスポットを特集しています。

第22号(2013年8月)

LED-PARの新機種「GT-915IP」を取り上げました。

第21号(2013年7月)

DMX信号線、イーサネットケーブル、ILDAケーブルなど“ケーブル”を紹介しています。

第20号(2013年6月)

ゴング・インターナショナル プライベート展示会「OakValley2013」のイベント情報です。

第18号(2013年4月)

ソースフォーのLED光源モデル「ソースフォーLEDシリーズ」を紹介しています。

第17号(2013年3月)

Kuwatecのライティングシミュレータ「PrefLight」の機能を解説しています。

第16号(2013年2月)

ArKaosからメディアサーバ「StageServer」が発売されました。

第15号(2013年1月)

さまざまなLEDウォッシュライト、スポットライトを紹介しています。

第14号(2012年12月)

コンパクトな白色LED光源の「GRS LEDシリーズ」を取り上げました。

第13号(2012年11月)

「クリスマス編」「冬景色編」「新春編」としてgoogoboオリジナルのデザインを紹介しています。

第12号(2012年10月)

プロジェクションマッピングのイベント開催のお知らせです。

第11号(2012年9月)

GOBOとホルダが一体化した画期的なgoogoboの新しいサイズ「ソースフォーホルダサイズ」を紹介しています。

第10号(2012年8月)

WirelessSolution社「W-DMXシリーズ」を特集しています。

第9号(2012年7月)

Kling-Net対応Alkalite「PIX STRIP40」を紹介しています。

第8号(2012年6月)

ArKaosのKling-Netに対応した「Alkalite PIXシリーズ」を取り上げています。

第7号(2012年5月)

PAR16LED GOBOプロジェクタを紹介しています。

第6号(2012年4月)

GONGのオリジナルGOBOシリーズの名称を「googobo」に統一しました。

第5号(2012年3月)

googoboの桜デザインを集めた第5号。Syphonに対応したSynVisumも紹介しています。

第4号(2012年2月)

GONGオリジナルのカタログGOBOシリーズ「googobo」に新デザインが追加されました。

第3号(2012年1月)

MSR575/2ランプを搭載したフォローピンスポット「SPARK575」を紹介しております。

第2号(2011年12月)

SMDチップを搭載したLED-PARを3機種紹介しております。

創刊号(2011年11月)

2011年より発売開始したDMXケーブル"INTERWIRED DMX-1P"に関して紹介しております。